テニスと心 メンタル.タフネス 強くする方法
 基本から、わかりやすく紹介。

お客様から質問をいただきました。
 テニスでは、メンタル.タフネスとよく言われますが、
 「実はよく分かっていません」。
 「基本的は質問でスミマセン。
テニスはメンタルなスポーツだと言われますが、
 どの辺がメンタル面なのか良く分かりません。
 技術、体力面よりも大切なのですか?」

 僕らは仕事で、ジュニアの選手などにアドバイスしていますが、
 順を追って、基本から解説したいと思います。

 メンタル.タフネスの基本は良いサイクルを自分で見つけること。
Mtcircle

 常に基本はリラックスです。




 
 スポーツは心.技.体の三位一体。そしてあとで紹介しますが、厄介なのが、
 さらに感情があります。
 感情のコントロールが結構難しいんです。
 メンタル.タフネスと感情

 あの強い女王セレナ、よく切れるんです
 この強い状態はMtserenashout



 勝っているとき。
 強いから
 折れやすい。
  柳のように、
 風に柔軟に
 対応する。
 皆さんも
  テニスでも実践してみませんか?
 


月さん:メンタル.タフネスの質問ですね。
 そう言われてみれば、テニスとメンタル.タフネスの関係を原理的には説明していませんでしたね。
 ちょうど良い機会ですから、テニスが心が大事という話をしましょう。

 スポーツの上達には心.技.体のバランスが重要です。
 でもスポーツ、テニスを習い始めのころは、技術に目が向きやすく、
 部活などやり始めると、体力面を考えるようになります。

 心の問題は、余り身に染みて感じてきません。

 テニスと心の関係に気付くのは、試合に出るようになってからです。
 相手との真剣勝負で、テニスの本質的な、意地悪な面、
 相手の逆を突く。
 心を乱される、なんてやられると切に感じてきます。

 なんででしょうか。
 楽しんでいるテニスでは、上達したい、技を身に付けたいと思います。
 試合になると、ポイントがあり、
 ポイントを取られると、心にのしかかってきます。
 ミスをしてのポイントなら、さらに大きいです。

 テニスでは、Mtmariaselftalk



 1時間プレーして、
 実際にボールを
 打ったり
 走ったりしている
 時間どれくらいだと思いますか?
 そうですね、
 1/10.とまでは
 言いませんが、
 60分プレーしている中で、
 ボールを打ち、
 ラリーをしている時間は10分もないでしょう。

 その他の時間は、ボールを拾ったり、(トッププレーヤーの試合ではボールボーイがいますから)
 サービス前の儀式だったり、さて、次にどうしようかと考える時間が多いのです。

 ポイント間のルーティーン これが大事 
 トッププレーヤーは皆、実行。  
 このルーティーン、今では常識ですが、
 勧めたのはJ.レア-博士です。

 M.シャラポワのセルフトーク  良い言葉を自分で発します。

 この考える時間が曲者なんです。
 楽しいテニスでは、何も考えずに、プレーに集中していました。
 でも試合だと、
 「勝ちたい、」
 「いつものように打てない」、と意識する時間が多くなります。

 ましてや、1stサ−ビスが入らないと、2ndサービスでは力がさらに入って、
 りきみが生じて、これがミスの原因になります。

 意識することで、気持ちが動揺、緊張感が増し、筋肉が硬直しやすくなるのです。
 すると、普段ではできていたことが、できなくなる。

 リラックスが大事、
 平常心を保つのが難しい
 

 いつも平常心でLc



 プレーできたら、
 そうは負けません。

 平常心の
 乱しっこ
 それが
 テニス。
 乱された方
 が負け

 ゴルフもテニス同様、打つ時間よりも、打つ前の時間が多いので、
 意識が働く時間が多く、メンタル.タフネスが重要になります。

 去年の最後に、宮里優作選手がプロになり初優勝しました。
 彼はアマチュア時代、テクニッシャンで、プロでも、将来を約束されていた選手です。
 それがメンタル.タフネスが弱かったために、勝てなかったんですね。

 日本ではメンタル.タフネスというよりも、気力、根性論をいう方が多いのですが、
 実は、心も、体、技と同じように、トレーニングで上達レベルアップすることが、
 最近分かってきたのです。

 テニスとメンタル.タフネス 

 スポーツとメンタル.タフネス 

 アメリカのJ.レア-博士が、スポーツに重要なメンタル.タフネスと言うことで沢山著作を出し、
 ベストセラーになりました。

 J.レア-博士の名著 メンタル.タフネス
  

  Jame Loehr 

 その当時はビジネスマンの必読の書ともいわれたくらいです。

Sayingnolemtbasic




本日の御教訓 心は強くなる
 テニスはメンタルなスポーツ
 1:心が技と体を支える
 2:心が崩れると、技が乱れる
 3:心もトレーニング可能

コーチ歴30年から生まれた、メンタル.タフネス強化のレッスンカード。
 同じテニスですが、メンタル.タフネス、ソフトテニスと硬庭では全く違います。
 ソフトテニスメンタル.タフネス

Lcmtgoodcircle




メンタル.タフネス向上


 ジュニアのためのノート(年齢に合わせます)
 親子の交換日誌ノート  
ダブルス強化ノート  
 メンタル強化ノート 

 メンタル.タフネス強化ノート

高岸弘の残像メンタルトレーニング
 入門セミナーDVDMttakagisi



 残像カードで集中と
 平常心をコントロール
 “60秒メンタルトレーニング”

【集中力】高岸弘の残像メンタルトレーニング入門セミナーDVD[残像カードで集中と平常心をコントロールする方法]



 1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ・技術へ
にほんブログ村


にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ


[ソフトテニス・オンライン]
[ソフトテニス・オンライン]

  
 最後まで読んでいただいて、有り難うございました。

Comment
おみくじですか。
ずいぶん引いていません。幸運を祈ります。
  • 月さん
  • 2014/01/23 06:07
神社のおみくじで大吉。今年はやるぞ。
  • おみくじやさん
  • 2014/01/11 18:07





   
この記事のトラックバックURL : http://tenniski.art-sports.shop-pro.jp/trackback/3248
フェデラー 華麗なるテクニック ロランギャロ2014  ロランギャロのR.フェデラー、躍動している。  初戦を軽く勝ち上がった。  さあ、R.フェデラーはどこに打つでしょうか?  ロランギャロに思いを寄せる選手は多いが、R.フェデラーはまた別な思いを持って
  • 面白まじめ好奇心
  • 2014/05/27 8:18 AM
錦織 優勝の余韻から、次の大会へ    錦織、初優勝の場所 デルレイビーチ   錦織圭のツアー初優勝 2008      去年のデルレイビーチ I.カルロビッチに棄権負け       今年はI.カルロビッチにUSインドアで雪辱       初戦、予選上がりの選手に
  • 面白まじめ好奇心
  • 2014/02/21 5:33 AM
テニスの心の強さ 重要な場面でどうするか?  ダブルスの話です。ダブルスのメンタル.タフネスを考えましょう。  いつもの気持ちでプレーできたら、そう思いませんか?  重要な場面で、考え過ぎて、ミスをする。よくありますよね。 質問  先日ダブルスの試
  • ショップブログ
  • 2014/02/20 9:41 AM
全豪オープンが終わり、今年のツアーが大きく動き出した。  世界ランキング、  大きな変動があった。  シングルスではR.フェデラーが8位に落ちて、S.バブリンカが3位に上がったこと。  錦織圭はランクを一つ落として18位だが、価値ある18位だ。
  • ショップブログ
  • 2014/01/30 7:58 PM
デビスカップ2014 日本対カナダ コートサーフェイス 有明  錦織圭のハイライト動画もお届けする。 コートサーフェイス改修。  テニスのワールドカップと呼ばれるデビスカップ。  ホームコートアドバンテージを使いたい。  カナダは長身でビッグサーバ
  • ショップブログ
  • 2014/01/29 6:28 PM
今年オーストラリアンオープンの会場は、改修された。新しい青いコートは、速い。ナダルはこれでが少なくなるとこぼしていた。
  • 面白まじめ好奇心
  • 2014/01/16 7:59 PM
オーストラリアンオープン2014 ハードコート  トウルーブルー と呼ばれるハードコート。  今までは、USオープンと同じデコターフだったが。  速いコートらしい。  クレーコートを得意とするR.ナダルは、ラリーが続くのが全豪の楽しさだったが、  理解に苦
  • ショップブログ
  • 2014/01/16 7:53 PM
錦織圭初優勝 全豪直前のエキジビションマッチ  T.ベルディフを破り今年初優勝。  とはいえ出ているプレーヤーは競合揃い。  出場プレーヤー   N.ジョコビッチ よく考えたら今年初試合  A.マレー  L.ヒューイット  A.マレーを破っている。
  • ショップブログ
  • 2014/01/12 6:37 AM
全豪オープン フェデラーの初練習  新しくエドバーグをコーチに加えて、グランドスラムのオーストラリアンオープンに挑む。  エドバーグはサーブ&ボレーの名手。  このところストローク勝負を挑む、R.フェデラーが原点に復帰するのでは、予測する。  R.フ
  • ショップブログ
  • 2014/01/11 9:52 PM

Calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • ブログ美術館 バラを水彩で描く 田熊 順
    花園
  • テニスの悩み解決 ポーチ上達法
    まる
  • テニスQ&A 質問箱 ダブルス編
    まる
  • テニスの悩み解決 ポーチ上達法
    僭越
  • テニスの上達記事 ピックアップ
    千年中級者
  • テニスコートの大きさ知ってますか? テニスコート下敷きプレゼント
    ゾゾット
  • マクラクラン・内山ペア ダブルスの強さ、対応力 ランキング
    ダブダブだああ
  • テニス フィーリング、テニスコーチ部門 人気ブログに プレゼント
    ソフマネ
  • 好評のテニスコート下敷き プレゼント テニス、ソフトテニスの作戦ボード スポーツ&アート
    千年中級者
  • テニス 夏合宿 成功の手引き Part1 総合編
    タイムズ

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM