錦織圭のロランギャロスが終わった。
 紆余曲折の1週間。良くも悪くも。
 錦織、得意のクレーコートのはずだった。
 最近はシードを守れていなかったので、
 ベスト8で良しとする。
  体調不十分の中で戦ったと言えばそれまでだが、
 いつもなら、試合経過、スコアを書くが、今回は、余りの不甲斐なさに、
 心の問題、メンタル.タフネスについて書くことにする。

 全てを象徴しているのが、第3セットのタイブレーク。
 0-7の敗れ方だ。
 心.技.体の全てが悪い方向に向かって行った。
 良い時は、先行されても、じわじわ、追いつき、
 相手にプレッシャーをかける。
 しかし、力が入り過ぎ、ネットミス。
 ストロークが悪い循環に行ってしまった。
 良い時の循環  

 悪い心の循環
Mt2ways




 メンタル強化ノート 

メンタル.タフネス向上

 ロジャーズカップで負けた時 に、言い訳無しを書いた。
  
 大きく負け越している、A.マレーに苦手意識が大きく働いていた。

A.マレー◎ 2-6,6-1,7-6(0),6-1 ×錦織圭
Murraykeoscore




A.マレーにゲームを支配された。
第1セットは好調、今年の全仏で一番良かったのではないか。
 ミスしても、冷静に淡々とプレー、少しずつゲームを支配する。
 その落ち着きが、ラリー得意のA.マレーがからミスを誘う。
 A.マレーが、もう錦織圭とはプレーしたくないと言わしめた、
 デビスカップでの試合がある。

しかし、今年の全仏を象徴するような、乱高下、
 松岡修造が、解説で、今年の全仏は毎試合、崖っぷちと話していたが。
 トッププレーヤーの条件として安定性、が上げられる。
 多少のアップダウンは有っても、修正する力があると言う事だ。
 超乱高下のF.ベルダスコ戦。  

 本人は、第2セット焦ってしまったと言うが、言い訳は無し。
 スポーツは、0sayingnoexcuse



言い訳無用。
 言い訳は
弱者の逃げ道。
 野球の
野村監督の言葉に、
「不思議の
 負け無し」、
がある。
 弱いから負けたのだ。
 ナダルが、ブルーコートで負けた時
 
 逃げ道は自分で断たなくてはならない。
 全てが実力不足と言う事、
 それを認めてからの自分の見直しだ。

 ATPのサイトでも、A.マレーとの対戦前の下馬評で、
 今の錦織圭は、クオーターファイナリストで、
 それ以上は勝てないと書かれていた。

 今年の全仏、乱高下が激しかった。

 一方で対戦した、J.シャーディ、F.ベルダスコは
 強い時は、展開が早く、全くつけ入るスキがないと。
 強い時があっても、弱い時があれば、トーナメントはそれまで。
 J.シャーディ戦

 女子のS.ハレプ、絶体絶命の第2セット1−5から逆転勝利した、
 S.ハレプのメンタル.タフネスを見習いたい。

 テニス、試合中は反省せず、次に向かうが、
 試合が終わったら、しっかり自分を整理しなくてはならない。

テニスは確率心のスポーツ
 錦織選手、今年は、右手首の不調から、
 練習不足、
 身体の他を壊す、と悪循環。
 自分自身をこわごわコントロールしている感じがあった。

 自分を信用できていない。
 心が崩れる。
 パフォーマンスが下がる、の悪循環。
 テニスは確率のスポーツ。

 それと、A.マレー戦でも、ラケットを投げつけた。
 ラケットを投げてはいけない  
 チャン戦で、同じことをして、メディア、ファンからブーイングの嵐。
 
 メンタル.タフネスを立て直さないことにはこれ以上の勝ちは望めない。
 そこを立て直せば、勝つ進むことも可能だ。
 良い時は強いのだから。

本日の御教訓 最後まで諦めない
言い訳はしない
 1:強い心で挑む
 2:ボールを最後まで追う
 3:ショットは積極的に
Saykeinoexcuserg

 錦織圭の全仏は終わった。同時に、
 ウィンブルドンに向かってのグラスコートのシーズンに入る。
 休養をしっかり取り、心機一転、頑張って欲しい。


スポーツ&アート テニス、ソフトテニス上達グッズ
テニス作戦ボード 指導者ご用達  
 2画面、折りたたみで大きく使える。
 立体コート図はロブ説明に便利  


Wb2magimage




 2017テニスシステム手帳  
  始まり付自由のカレンダー付、コート図、スコアで便利
  コーチに必要な全てが入っている。

必見!! 錦織圭を育てたコーチの指導法DVD
「ゲイブ・ハラミロの「Making Champions 4&5」(サービス&リターン)」

 
★☆★  旬のテニスが分かるリンク集 ★☆★
 ロランギャロス 公式サイト 

 wowow テニスオンライン
 午後6時から熱戦。

 ATP

 WTA

 テニス365 

すぐに、ロランギャロスのシード選手、日本選手の紹介記事をアップします。
お楽しみに!!
1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ.技術へ


にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ

[ソフトテニス.オンライン]
[ソフトテニス.オンライン]


最後まで読んでいただいて、有り難うございました。

JUGEMテーマ:錦織 圭

Comment





   
この記事のトラックバックURL : http://tenniski.art-sports.shop-pro.jp/trackback/4900
プレースタイルの激突 S.バブリンカの攻撃力 ロランギャロス2017 セミファイナル 手に汗握る、伯仲した大熱戦。  両選手に拍手。  気持ちが良い試合だった。  悪いけれど、錦織戦の様な、イライラ感はなかった。  テニスのすばらしさ、醍醐味を伝えてくれ
  • ショップブログ Sports&Art
  • 2017/06/11 9:49 AM
データで見る 錦織、敗因研究 全仏2017 全仏は、男子シングルスがR.ナダル対S.バブリンカ  女子がS.ハレプと若手のオスタペンコ。注目の一戦ですね。  面白かった、S.バブリンカ、A.マレー戦。 注目していた、R.ナダル、D.ティエム戦の試合経過は後でアップしま
  • 面白まじめ好奇心
  • 2017/06/10 11:08 AM
昨日は、錦織圭vsA.マレー戦の敗因をメンタル.タフネスの見地から解説した。今日は数字、データからの文政だ。このデータから錦織選手がいかに不安定だったかがはっきりと見てとれる。たかが数字、されど数字。反省するには具体的で、不調な点が良く分かる。
  • テニススキー徒然草 フィーリング編
  • 2017/06/10 9:32 AM

Calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • 秋の花 彼岸花 百合を描く 和紙に水彩画
    金沢区民
  • ウォズアニッキの魅力 東レ連覇 ストローク、サービス力アップの秘密
    キャロル
  • 月さん 完食ツアー 会津若松 籠太
    月さん
  • レディガガ 出演日 徹子の部屋 スマスマ
    月さん
  • テニスのルール 時間の制約 サービス、チェンジエンド
    先生
  • 平成28年度対応、テニス手帳、ノート テニス専用ページ、カレンダー入り
    朝だテニスだ
  • 花の作品 描き方 紫陽花 油絵
    秋風
  • 二宮真琴 ダブルスの可能性を広げた 新ショット 超ムーンボール
    ダブダブ
  • テニスブログ テニスコーチ部門で 上位3位まで独占 クリックに感謝 お礼プレゼント
    パッチン
  • 並木遊歌団 敬老会の演奏 並木ケアプラザ 明るく楽しく元気良く
    雨降り

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM